コンテンツへスキップ

仮想通貨・ビットコイン取引所2選

使いやすさと安全性を兼ね備えた、初心者に優しい取引所を2つご紹介。どちらも金融庁のお墨付きで、安心して使い始めることができます。あなたはどちらにする?

bitFlyer Zaif
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

価値が無くなったときの保証がない

日本の場合、現時点でもし預けている銀行が倒産してしまっても、1,000万円までは補償されるという仕組みが整っています。

銀行は国民全員が使っているといっても過言ではない施設ですから、倒産したのでお金は返せませんでは国民が納得できないですよね。しかし仮想通貨はそういった補償制度がありません。

仮想通貨を預けているところは取引所ですよね。取引所が倒産しても、法律的な補償はないのです。

しかし取引所によっては、独自で何かあったときのための補償をしているところもあります。セキュリティを破られて仮想通貨を盗まれてしまったときに、何万円分まで補償しますよ、という風なものですね。

なぜわざわざこんな補償をしているかというと、それだけ「我が社のセキュリティは強い」という自信の表れでもあります。

当然ユーザーも、同じ取引所ならいざというとき補償してくれるところのほうが良いですよね。ただし、倒産となると全員がそういう事態に巻き込まれるのと同じですから、この補償のアリナシはそんなに関係ないかもしれません。

とはいえ、仮想通貨は価値が無くなることはないと言われています。確かに日本円やドルのように、実際に触れるお金ではありません。しかし今の段階ですでに数えきれない人々が、送金や支払い、また投資に使っているからです。

送金や支払い、投資が成り立っているということは、欲しい人がいるということでもあります。

さらに現在進行形で、仮想通貨で支払いができる会社や店もどんどん増えてきています。遠い未来に価値が無くなることがあるかもしれませんが、今すぐではないのは確かでしょう。