コンテンツへスキップ

取引所の選び方

こちらの【仮想通貨の取引所とは?】でも説明していますが、取引所によって異なる部分は、主に取引できる仮想通貨の種類や数です。基本の、買ったり売ったり値動きを見たりできる機能は同じです。

ただ、いくらたくさんの種類の通貨があるといっても、初心者であれば有名なビットコインから始めるのがベスト。となるとビットコインはどの取引所でも扱っているのでどれを選んでも構わないということになりますが、実は通貨の種類以外に大切な選び方ポイントがあるんです。 記事の続きをよむ "仮想通貨取引所の選び方は?"

ビットコインとは

仮想通貨とビットコインはいつもセットでニュースなどで流れますよね。

ビットコインとは、仮想通貨の種類の一つです。つまり、仮想通貨にはビットコイン以外にも色々なものがあるんです。お金の種類に、円やドル、ユーロなどがあるのと同じです。

ではビットコインがなぜ一番有名な仮想通貨になったのかというと、所持している人や取引をしている人の数が多かったからです。

世界では、ドルが最も有名で使える国が多い通貨。ビットコインは仮想通貨界のドルのよ 記事の続きをよむ "仮想通貨ビットコインとは?"

仮想通貨口座

日本円の場合、目の前にお金を渡したい人がいればハイ!と手渡しすることができますよね。でも仮想通貨は、例え渡したい相手が目の前にいても「口座」を持っていないと渡すことができません。

日本円も遠くにいる人にお金を渡すなら、渡す側も受け取る側も両方銀行口座が必要です。しかし仮想通貨と違うところは、銀行口座を持っている人は多いけど仮想通貨の口座を持っている人はとても少ない、という点です。

仮想通貨は紙でもコインでもなくただのデータなので、渡したい相手が近くにいようが遠 記事の続きをよむ "相手にも仮想通貨口座が必要"

国同士の送金

海外に縁がない人もいると思いますが、違う国の人がお金をやりとりするときは必ずといっていいほど「両替」が必要です。

日本のレストランでドルを出されても困りますよね。海外の人が旅行で日本に来れば、まず日本円に両替しないと買い物が出来ません。

けれどもビットコインをはじめ仮想通貨なら、ビットコインはビットコインなのでそのままやりとりができます。全世界共通の通貨といった感じです。

また、海外へ(から)送金するとなると高い手数料が掛かります。送金の手数料、円からド 記事の続きをよむ "違う国同士でも送金・支払いできる"

ビットコインと中国

代表的な仮想通貨であるビットコイン。

元々は投資目的で作られたものではなく、電子マネーのような決済方法として生まれたのですが、ある程度人気が出てからは価格の上下で儲けようとする人も増えてきました。むしろ初心者さんは、投資というイメージのほうが強いかもしれませんね。

ビットコインは、多く売ったり買ったりする人ほど影響力があります。多く所有している人はガッと一気に取引をしますから。

ビットコインをたくさん持っている人が集まっている国というのがあって、それは中国で 記事の続きをよむ "ビットコインの価格は中国と深い関係"

仮想通貨を始める準備

仮想通貨を始めてみたいけど、何が必要なの?そんな始める前の準備の仕方をチェックしていきましょう。

仮想通貨を始めるには、まずどこかの取引所へ登録をします。取引所は仮想通貨を購入したり、それを誰かと売ったり買ったりする場所なので、ココに登録しないと始まりません。

取引所はほぼ同じ仕組みで、違うことは購入できる仮想通貨の種類や数が違うという点です。初心者であれば丁寧にマニュアルが作られているビットコインから始めるのが分かり 記事の続きをよむ "仮想通貨を始めるための準備"

仮想通貨の種類

仮想通貨の中で今最も有名なのがビットコインです。初心者の立場からすると、仮想通貨=ビットコインのことなのかと思ってしまうほどです。

しかし実は仮想通貨には、ビットコイン以外にもたくさんの種類があるんです。

その数は1,000種類以上とも言われていますが、もちろんマイナーで規模の小さい通貨もあります。ビットコインはいわゆる最初の仮想通貨で、ビットコインを追うようにして色々な種類が登場しました。

そのためビットコイン以外の仮想通貨はまとめて「アルトコイン」と呼ばれることも多々 記事の続きをよむ "ビットコインとそれ以外の仮想通貨"