コンテンツへスキップ

仮想通貨・ビットコイン取引所2選

使いやすさと安全性を兼ね備えた、初心者に優しい取引所を2つご紹介。どちらも金融庁のお墨付きで、安心して使い始めることができます。あなたはどちらにする?

bitFlyer Zaif
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

580億円相当の仮想通貨が流出してしまい、嫌な形で有名になってしまった取引所「コインチェック」。ビットコインとは何なのか、コインチェック事件で知った人も多いですよね。

誤解のないように言っておくと、仮想通貨は別に簡単に盗まれるものではありません!今回の事件は、コインチェックの管理ミスにより起こったものです。

本来なら取引所は、顧客の仮想通貨をネットワークに繋がっていない場所で管理する必要があります。それをコインチェックでは、ネットワーク上で保存していたというのです。 記事の続きをよむ "コインチェック事件の真相とは?"

仮想通貨は、現実のお金(日本円など)と同じで持っているだけでは税金が掛かりません。じゃあどんなことをしたときに税金が発生するのかというと「仮想通貨を別のものに変えたとき」です。

もの、とは何かというと「品物とお金」です。例えば仮想通貨でお菓子を買ったとすると、その瞬間に仮想通貨が、ただのデータ上の数字ではなく現実のお金と同じ役割に変わったことになります。

その時点で、買ったときの金額と仮想通貨自体を購入したときの価格の「差」に、税金が 記事の続きをよむ "仮想通貨にかかる税金?最新情報"

ぐるなびといえば、飲食店の基本情報やメニュー、写真、口コミなどが掲載されている飲食店情報メディアです。

誰もが知る有名なグルメサイトでも、この度飲食代としてビットコインが使えるようになったというニュースが届きました。

元々ぐるなびは「ぐるなびPay」というスマホを使った決済が行えるサービスがあり、そこにビットコインでも支払いできるよう機能を追加したという感じのようです。使える店 記事の続きをよむ "ぐるなびでビットコインが使えるように"

仮想通貨と言えばビットコイン、最も規模が大きいのもビットコイン。それは世界なのですが、仮想通貨界を引っ張っているのはビットコインだけじゃありません。

ビットコインじゃないその他の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれますが、そのアルトコインの中で人気が高いのが「イーサリアム」です。名前は難しいですが、立場としては社長以外の幹部の中で最も偉い!って感じでしょうか。

ビットコインは仮想通貨界では圧倒的王者なので、イーサリアムが上回ることは今のとこ 記事の続きをよむ "イーサリアムという仮想通貨が大人気!"

仮想通貨の取引所や、そこで行われている取引に対して、国内の金融当局が管理下において審査するという決まりが出来ました。そしてその後、金融庁がOKを出した取引所が決定したのです。

お墨付きをもらった取引所の数は全部で11か所。その中で初心者でもよく目にする取引所を紹介すると、ビットフライヤー、ビットバンク、GMOコイン、ビットトレード、ビットポイントなどです。

今回の11社以外でもまだまだ申請を出している取引所はあるみたいですが、とりあえずこ 記事の続きをよむ "ビットフライヤーなど11社が金融庁登録!"

仮想通貨は国のお金ではないため、自由な取引ができることが強みの一つです。

しかし自由とは危険と隣り合わせでもあり、盗もうとかシステムを破壊してやろうといった悪いことを考える人も簡単に集まってしまいます。犯罪に使われたお金の浄化に使われたりもするようです。

そのため国は、取引所を運営するならちゃんと審査に通らないとダメ!と指示を出しました。

取引所自体がちゃんとした所かどうかの情報提供はもちろん、取引所に登録してくる人の 記事の続きをよむ "国内の金融当局が取引所を管理下へ"

旅行会社HIS

ビットコインを支払いに使える場所はどんどん増えてきていますが、普段使わないサービスだったりマイナーな店というのも多く、ビットコインで儲けても良い使い道が見つからないってこともあるんですよね。

しかしながら今回、嬉しいニュースが飛び込んできました。それは誰もが知る旅行会社HIS(エイチ・アイ・エス)があの有名な取引所である「ビットフライヤー」とタッグを組み、ビットコインでの旅行代金の支払いをスタートさせたのです。

とはいっても試験運用なので、最初は首都圏のみのようですけどね。1決済につき最大 記事の続きをよむ "旅行会社HISがビットコイン決済導入!"