コンテンツへスキップ

仮想通貨・ビットコイン取引所2選

使いやすさと安全性を兼ね備えた、初心者に優しい取引所を2つご紹介。どちらも金融庁のお墨付きで、安心して使い始めることができます。あなたはどちらにする?

bitFlyer Zaif
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨というものは、別に危険なものでもなんでもありません。

紙幣や硬貨のような実体はないけれど、ウォレット(仮想通貨の口座)に数字さえ入っていれば日本円に換金したりできるわけですから、預けている間は日本円などと同じ状況です。

ただ、仮想通貨やビットコインからマイナスイメージが拭えないのは、事件がたくさんあることです。その事件はほとんどが「取引所の管理が甘かったせい」なのですが、初心者だけでなく投資のプロでも事件にあってしまったことから、危険!というイメージが強く 記事の続きをよむ "取引所によって安全性・危険性が違う"

現金を使わない支払い方法の一つとして、クレジットカードがあります。クレジットカードは使ったと同時にすぐ引き落とされるわけではなく、簡単にいえば今月の利用分は来月引き落とされるという流れですよね。

クレジットカードで支払いをした後、もし商品に不具合があって返金してもらいたいとき、お店に行き手続きをしてもらえば来月引き落とされる分には加算されません。しかし仮想通貨は、一度取引が 記事の続きをよむ "一度支払うとミスでも取り消せない"

日本の場合、現時点でもし預けている銀行が倒産してしまっても、1,000万円までは補償されるという仕組みが整っています。

銀行は国民全員が使っているといっても過言ではない施設ですから、倒産したのでお金は返せませんでは国民が納得できないですよね。しかし仮想通貨はそういった補償制度がありません。

仮想通貨を預けているところは取引所ですよね。取引所が倒産しても、法律的な補償はな 記事の続きをよむ "価値が無くなったときの保証がない"

価格変動

実際に紙やコインとして手元に持っておける国のお金でも、信用度が高いものと低いものがあります。世界で信用度が高い通貨ベスト5は、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイス・フランです。

信用度が高いこの5つは「国際決済通貨」と呼ばれますが、国際決済通貨として認められるための条件の一つに「価値の安定性」というのがあります。

確かにそう言われてみると、1ドル何円かと言われたら大体常に100円~130円の間をウロウロとしています。突然1ドル500円になったり50円になったりすることなんてないです 記事の続きをよむ "価格変動が大きい・価値が安定しない"

店が少ない

相手にも仮想通貨の口座が必要ですよ、という記事と関係していますが、いくら仮想通貨を持っていてもそれが使えなければあまり意味がありません。

以前よりは断然仮想通貨が使える店は増えてきましたが、当然日本円やクレジットカードと同じようにはいきません。通販サイトではちょこちょこ見掛けますが、特に実店舗はかなり少ないです。

自動的に現地の通貨で店に支払われるクレジットカードとは違い、仮想通貨はまだ信用性 記事の続きをよむ "仮想通貨を使える店が少ない"

仮想通貨口座

日本円の場合、目の前にお金を渡したい人がいればハイ!と手渡しすることができますよね。でも仮想通貨は、例え渡したい相手が目の前にいても「口座」を持っていないと渡すことができません。

日本円も遠くにいる人にお金を渡すなら、渡す側も受け取る側も両方銀行口座が必要です。しかし仮想通貨と違うところは、銀行口座を持っている人は多いけど仮想通貨の口座を持っている人はとても少ない、という点です。

仮想通貨は紙でもコインでもなくただのデータなので、渡したい相手が近くにいようが遠 記事の続きをよむ "相手にも仮想通貨口座が必要"